施設を好きになってもらう。介護施設の広報活動とは

介護施設にとって広報活動の一番の目的は、施設の特色や役割、魅力を知ってもらうこと。あなたが管理者となって運営する施設の情報を外に向けて発信していく活動です。

介護や医療の分野では、口コミが大きな情報源となっており、実際に入居していた方からの評判や紹介などをもとに利用を決める方も多いようです。しかし、それは逆に言えば施設が発信する情報が不足していることを意味するのかもしれません。加えて、ネットでの口コミ情報では偏った見方や誤った情報が広まってしまうことも。介護施設自身が、広報誌やパンフレット、イベント開催などでアピールし、施設利用を考えている方やご家族、地域のみなさんにしっかりとした情報を届けましょう。

広報誌の作成をはじめとした広報活動は介護施設管理者の大切な仕事のひとつ。情報発信には、あなたのこれまでの職業での経験や介護業界を知らないからこその新鮮なアイデアが活きるはず。今回は管理者にもとめられる広報活動の役割と内容をご紹介します。

広報は施設からのメッセージ

介護施設の広報活動は、管理者のマネジメント業務においては運営管理に含まれます。円滑かつ健全に施設を運営していくには、定められた法令の遵守、理念にもとづいた利用者様ファーストのサービス提供とならんで、外に向けて自らの施設をアピールする営業、広報活動を行い新規利用者の獲得を目指す必要があります。

お客様である利用者をいかにして集めるのかという経営手法では、マーケティングに属する基本のひとつが、コーポレートアイデンティティです。コーポレートアイデンティティは、企業の個性や特長を明確に提示し、その組織が「何者であるか」をあらわすことで存在価値を高めていく戦略。

介護施設も自らの理念やビジョンをかかげ、施設内でしっかり共有しながら理想に向かって進んでいくことが大切です。そして、その理想を実現するための日々の取り組みを広報活動によって知ってもらいましょう。

ご利用者やご家族のニーズが多様化するのにあわせて、介護施設も細分化、多様化してきています。介護になじみのない方にとっては、たとえば特別養護老人ホームと有料老人ホームの違いはまったく分からないでしょう。いくつもある介護施設のなかから、あなたの施設を選んでもらうには、施設の目的や機能、雰囲気、サービスの質、スタッフたちの姿を伝えて、「わたしの施設はこのような理念で運営しています」「わたしの施設に入ればこのように過ごせますよ」ということを見てもらいましょう。

広報活動は施設の持ち味をわかりやすく伝えるための重要な手段であり、大きな役割なのです。

>こちらのコラムも参考に「施設管理者に必要なマネジメント力~運営・収支・行政~」

 

広報活動の定番「広報誌」

介護施設の広報手段として代表的なものが「広報誌」。多くの介護施設では、定期的に広報誌や壁新聞をつくり施設内の様子をまとめ、印刷物として近隣に配布したり、ホームページ内で閲覧できるようにしています。情報収集がネット中心である若い世代に比べて、要介護世代は紙に慣れ親しんでいる方も多く、施設の情報も印刷物で知りたいと思われるようです。

介護施設は地域との共生を目指して運営されますが、実際に施設を訪れることのできる人は一握り。どのような空間でどのようなケアが行われ、介護スタッフがどのようにサポートしているのか、という情報は伝わりにくいものです。利用者の姿が見える、現場のスタッフの顔が見えることは、施設の利用を検討する方々にとって安心感につながり、施設見学や利用相談にも結び付いていきます。

また、ケアマネージャーが、担当する利用者様にデイサービスや施設を紹介する際にも広報誌は活躍してくれます。利用者様からの不安や疑問に「この施設はこんなところですよ」とわかりやすく伝えてもらうための資料となります。

キーワードは手作り感

ここでは、大阪にある介護老人保健施設の広報誌を例にその内容をご紹介しましょう。

この施設では、季刊誌として年四回広報誌を発行。表紙には、施設から望める山あい景色と施設の経営理念が掲載されています。ページをめくると、ご利用者と出かけたハイキングの様子、ボランティアで施設を訪れた中学生との交流で笑顔を見せるご利用者の写真が大きく載っています。

つづいて、リハビリテーション科のスタッフの紹介、新型コロナウィルスへの対策について。最後のページには新規入職スタッフが顔写真と簡単なプロフィールとともに紹介され、施設へのアクセス方法、送迎バスの案内、ホームページへつながるQRコードも載っています。4ページほどの冊子ですが、カラフルな色使いとイラスト、手作り感あふれるつくりで施設の明るい雰囲気と誠実な姿勢が伝わってきます。

「手作り感」というのは、介護施設の広報誌にとっての大切なキーワード。テンプレートを使用したありふれた紙面ではなく、人間味や手触り感のある素朴でも個性的な広報誌が多く見られます。介護施設という、人がふれあう場所の魅力を伝えるための広報誌。キーワードは、「手作りのあたたかみ」と言えるでしょう。

広報誌のもつ力

すでにご入居ご利用されている方にとって広報誌はアルバムのような存在に。ご自身やお仲間、気心の知れたスタッフと撮った写真を見ながら話しの花が咲きます。また、頻繁に施設を訪れることができないご家族へ元気な笑顔を届ける役割も担っているのです。

「広報誌コンテスト」を催している自治体もあり、魅力的な発信をしている広報誌は表彰されることも。仕事自体は目に見える形で評価されにくい介護施設ですが、広報誌を通じた発信が評価されることは介護スタッフたちのモチベーションアップにもつながります。広報誌づくりには専任スタッフをおければベストですが、実際には管理者を中心に介護スタッフが日常の業務と兼任して広報を担当するケースが多いようです。

記事の企画を立てたり、日ごろからスマホやカメラでイベントを記録したりと、好奇心が旺盛でフットワークの軽い人が広報活動には向いているでしょう。あなたが仮に企業での営業職や店舗での接客業を経験してきているなら、その経験を活かして利用者様の笑顔を引き出すイベントを企画し、その楽しさを外に向けてどのように発信するのか、楽しく頭を悩ませてみてください。

その他の広報活動

広報誌づくり以外の広報活動にはどんなものがあるのでしょうか

イベントの企画・開催

地域住民向けに健康や介護予防にまつわる知識を深めてもらうために、専門家を招いての講演会や健康チェックなど、介護や健康に関心をもってもらうための啓発イベントを開催します。近隣のみなさんに施設の存在を知ってもらうきっかけになります。

マスコミや見学者への対応

大小を問わずメディアからの取材を受けることもあります。また、施設見学や学生ボランティアを積極的に受け入れることで、介護ケアを理解してもらうきっかけになり、利用や入職にもつながります。新型コロナウィルスの影響で受け入れを取りやめている施設がほとんどですが、外部からの訪問によって施設に新鮮な空気が入ることは、利用者様にもスタッフにとっても生活や仕事に張りを生んでくれます。

パンフレットやホームページづくり

広報誌と役割は重なりますが、広報誌が施設の雰囲気を伝える手紙だとすればパンフレットはよりフォーマルな名刺代わり。ホームページならば、広報誌とパンフレットを兼ね合わせた情報発信ができます。とくに新規介護スタッフの募集では若年層へのアピールも大切ですから、ウェブやSNSの活用も有効な手段です。

広報活動が目指すのは、信頼感

介護施設の広報活動について見てきました。よく混同されがちですが広報は広告とは違うものです。広告がメディアの広告枠を買って商品や企業の宣伝をおこなうのに対して、広報は情報を発信することで従業員や消費者などに活動内容を理解してもらうこと。

介護施設の広報活動は、「知ってもらうこと」、「好きになってもらうこと」を目指しておこないましょう。商品を売りたいという広告と違い、施設を理解してもらうことで、「この場所は居心地が良さそう」と信頼が生まれるように。まずは、あなたが胸を張れるような施設づくりをこころみ、その魅力をしっかり伝えられる広報活動にもチャレンジしてみてください。