介護施設の管理者になるのに経験や資格は必要?

介護業界への転職でキャリアアップを目指すあなた。まず不安に思うのは「介護職の経験がないけど、大丈夫かな?」という点ですよね。でも、安心してください。「資格なし」「未経験」から始められる管理者のお仕事はたくさんあります。ただ、一定の資格要件を求められる管理職もあるのは事実。

そこで今回は施設のタイプごとに求められる要件をご紹介。なかには研修制度が設けられていて、働きながら要件を満たすことができる事業所もあります。

施設ごとの違いを知り、賢く不安なく、新しいスタートを切れるようその詳細を見ていきましょう。

管理者のさまざまな呼称

介護職における管理者は、施設によって管理者、施設長、ホーム長など、さまざまな名称で呼ばれています。一般的には現場で利用者様のケアを担当する介護スタッフがおり、彼らをまとめる主任やリーダー職がおかれます。

利用者様が多い施設になると、副主任やサブリーダーをおく場合もあります。そして、その上に立つのが管理者。介護保険法の人員設置基準では、管理者は原則として施設に常勤することが求められています。

呼ばれ方はさまざまですが、介護施設のトップに立ち、責任者としてスタッフや業務上の管理を行って指揮を執る常勤のポジションが管理者なのです。

管理者の役割

利用者様の状態を把握しながら、ご本人やご家族が求める最良のサービスを提供することを第一に、実際にケアを行う介護スタッフを適材適所に配置し、やりがいをもって働いてもらえるような環境を整備するマネジメント力が管理者には、必要です。

介護施設は、言うなれば介護サービスという商品を適正に、かつ品質を高めながらお客さまである施設利用者様に買っていただく。あなたが経験してきた販売業やサービス業と相通じる仕事と言えます。

また、あなたが求人サイトを通じて介護施設管理者に応募する場合には、法人や団体から管理者として雇用されることになります。その場合には、経営側に対して施設運営の状況を説明したり、スタッフたちや利用者様の声を取りまとめて運営状態を改善していくように働きかけるような調整役としての業務も求められます。このあたりも、あなたのかつての職場と同じかもしれませんね。

管理者に求められる資格や要件

ここでは施設ごとに求められる条件を見ていきましょう

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム(特養)は、在宅での生活が困難になった要介護の高齢者の方が入居できる介護保険施設。この施設は施設長と管理者が分かれており、施設長の資格要件は以下の3つの条件のうちいずれかを満たす必要があります。

  1. 社会福祉主事の要件を満たす者
  2. 社会福祉事業に2年以上従事した者
  3. 社会福祉施設長資格認定講習会を受講した者

社会福祉主事とは、社会福祉にまつわる相談業務をするための資格で、国家資格である社会福祉士資格も認められています。また、社会福祉施設長資格認定講習会を修了するためには、通信事業6か月、面接授業5日間の研修期間が必要です。

また、特養の管理者には無資格でもなることができるので、施設によってはキャリアパス制度のなかで働きながら講習会を受講することも可能。求人の応募資格を確認してみましょう。

介護老人保健施設

介護老人保健施設(老健)は、介護や看護のサービスに加えて医師のサポートも受けられる施設。理学療法士などの専門スタッフによるリハビリが行われます。利用者様の在宅復帰が目的の医学的管理下におかれた施設ですので、老健の管理者には医師しかなれません。

ただし、都道府県知事の承認を受ければ、医師以外でも管理者になることができます。この場合でも条件のハードルは高く、管理者に医師が就任できないやむを得ない理由があったうえで、介護施設や保健施設における一定期間の勤務経験が求められることが多いようです。

グループホーム、小規模多機能型居宅介護事業所

グループホームは、認知症の症状を抱えた高齢者の方が少人数のユニットで共同生活をする場所。一方、小規模多機能型居宅介護(小多機・しょうたき)は、施設へ通うことを中心に、訪問や泊まりを組み合わせた地域密着型サービス。

管理者の資格要件は以下の2つをどちらも満たす必要があります。

  1. 特別養護老人ホーム等の従業者または訪問介護員として、3年以上認知症高齢者の介護に従事した経験を有すること
  2. 厚生労働省指定の認知症対応型サービス事業管理者研修を修了していること

認知症対応型サービス事業管理者研修は、2日間の研修期間を経れば取得できますが、それ以前に認知症介護実践研修などの研修を修了している必要があります。

有料老人ホーム、デイサービス、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)

上記の介護施設で管理者をつとめるための必要要件はありません。すなわち、無資格からはじめられます。求人の採用要件に資格や経験を定めていない場合もあり、介護経験ゼロからのスタートが可能です。

むしろ、あなたが他業種で培った職務経験や人生経験を活かせるチャンス。介護の知識やスキルは管理者になってからでも身に付けることができるもの。スタッフをまとめあげるリーダーシップや経営、財務といった管理にはあなたの経験が活きてくるでしょう。次の章では、転職の先輩の声を聞いてみましょう。

介護業界にチャレンジ

Hさんは現在46歳。3年前に個人で経営していた居酒屋店をたたみ、資格ゼロから介護施設管理者の道を進みました。

「転職前の数年は、店の経営状態が思わしくない状態が続いていました。同時に、母親の介護という問題にも直面したんです。その時期に、訪問介護の介護スタッフの方と話すようになり、未経験から管理者になる人も多いことを知りました。母がお世話になった介護スタッフの方に『スタッフから管理者を目指す人もいるけれど、介護業界だけしか知らない人も多い。Hさんのように長くお店を取り仕切ってきた人なら、経営感覚や職員をまとめるコツも知っているでしょ?』と言われ、決心したんです」

求人サイトでみつけたデイサービス施設の管理者候補求人に応募。面接では「介護現場での経験」も問われましたが、それ以上に「居酒屋でアルバイトをまとめてきた経験」や「自ら店を運営してきた実績」を評価され採用。

「現場感覚というのでしょうか、スタッフが働きやすい職場の環境づくりを目指すという点で、専門的な介護の知識よりも私のこれまでの経験を重視してもらいました。介護施設の基本は利用者様が過ごしやすい時間や空間を管理者が先頭に立って作っていくこと。広く言えば、お客さんの要求に応えるために工夫を重ねてきたお店での接客業と似ています」

Hさんが管理者に就任したのは、1日の利用定員が15名ほどの比較的小規模なデイサービスセンター。ここでHさんは利用者様の要望をとりまとめ、施設の敷地内に畑を設ける「農園デイサービス」というコンセプトを掲げました。

「施設の舵取りをまかせてもらうなかで、入浴や食事、レクリエーションという基本的なサービスに加えて土いじりが好きな利用者様の声を実現するために小さな畑を作り、思い思いの作物を育てていただく場を提供しました。収穫したキュウリを分け合ったり、ベリーで自家製ジャム作りをしたり。今では『畑を見に来るために通っている』という方もいますよ」

「管理者になってからの私には2人の先生ができました。1人はスタッフたち。介護経験のなかった私をサポートしてくれる心強い味方です。研修や勉強を重ねながら彼らに負けないように頑張っています。もう1人は利用者様。知識も経験も豊富なみなさんと接して学ぶことは多いです。毎日利用者様の送迎をしながら、みなさんの笑顔を拝見するのがなによりのやりがいです」

利用者様の健康と生きがいを支えながら、独自のサービスで満足度を上げていく。Hさんの管理者への転職は介護業界にとっても、ご自身にとってもひとつの成功例と言えるでしょう。

あなたの力が求められている

平成30年度介護労働実態調査では事業を運営する上での問題点として「良質な人材の確保が難しい」という回答が多く見られました。人手不足はかねてから叫ばれている介護業界の問題点。「良質の人材」とは、介護の常識にとらわれず、新たなサービスの形を提案できる経験やアイデアをもったあなたのことかも知れません。

あなたにしかできない介護施設をつくるために、ぜひその力を活かしてください!

「介護労働の現状について 平成30年度 介護労働実態調査の結果と特徴」
公益財団法人 介護労働安定センター
http://www.kaigo-center.or.jp/report/pdf/2019_roudou_genjyou.pdf